スターウォーズ/ジェダイの帰還金曜ロードショー見逃し8日hulu/auビデオパス

スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還あらすじ・キャスト・見どころなど!

 

初めて公開されてから、今年でもう40年にもなる、『スター・ウォーズ』シリーズ。

 

あまりの息の長さにもおどろきますが、そのストーリーの魅力さについても、もちろんそうですよね。

 

そんななかで、今回取り上げるのは、『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』。

 

流れとしては第6作ですが、少々ややこしいことに、公開順としては3作目となります。

 

それでは、あらすじ、キャストなどがどうなっているのかを見ていきたいと思います。

 

スターウォーズ ジェダイの帰還などが無料見逃し配信可能なVODサービス(U-NEXT有料)

Hulu

Huluですが、月額933円で見放題のため、
安心して、追加金額なしで楽しめます。

通常は、最新話などは、料金が発生するのが普通ですが、huluにはその心配はありません

 

Huluですが、引退される安室奈美恵さんの特集を打ち出していて

ユーザーの私も愛用しています

 

Hulu公式サイトは、下記です

↓ ↓

 

 

ビデオマーケット

 

ビデオマーケットは国内最大のサービスで『ビデオマーケット』に入会していると作品探しに悩まされる心配はありません

 

私が一押しは金曜ロードショー(金曜ロードSHOW)で好評配信されたKinKi Kidsさんのボクらの勇気 未満都市2017などビデオマーケットだけでしか

ないコンテンツがあり、さらに月額ワンコインで最新話も無料といたれりつくせりのサービスです

高画質でフルhdでstreamin再生やシチュエーションに応じて標準画質など4段階の切り替え機能があります

パチンコや番組などギャンブル番組や大人向けの番組も充実しています

映画などの最新話は一番安く、ポイントバックキャンペーンもあり、社会的知名度も高いです

ヤマハが運営しているサービスで使っていて安心感があります

 

ビデオマーケット公式サイトは下記です

 

↓ ↓

 

 

 

auビデオパス

 

 

・auビデオパスは、実はドコモでも楽しめます

・月額料金がワンコインで一カ月間の無料お試しキャンペーンしているうえに最新話も無料で

 テレ朝などは、放送後すぐに動画配信があります

 

・テレ朝の唯一の公式パートナーでテレ朝にめっぽう強いです

 

・映画館に行く方は割引があり、ポップコーンなど飲食割引で月額料金は実質無料です

 

・映画の先行配信がdvdレンタルより早いケースが多く、他の人より映画解禁が早い

 

・ダウンロード(dl)再生で高画質streamin再生ができて、通信(パケット代金)が0円が可能

 

・スマホやタブレット、PC(パソコン)やtv(テレビ)で簡単に見れます

 

・戦隊ものやauビデオパスがどくせんしてしまうケースが多く、auユーザーでKDDIを使っていてお得だと思うことが多いなどなどあります

auビデオパスの公式は下記です

 
↓ ↓

 

U-NEXT(有料コンテンツ)

 

 

U-NEXT公式サイトは下記です

 

↓ ↓

 

スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還映画のキャスト

ルーク・スカイウォーカー(マーク・ハミル)

ハン・ソロ(ハリソン・フォード)

レイア・オーガナ(キャリー・フィッシャー)

ダース・ベイダー(デヴィッド・プラウズ)

アナキン・スカイウォーカー(セバスチャン・ショウ)

オビ=ワン・ケノービ(アレック・ギネス)

ヨーダ(フランク・オズ)

C-3PO(アンソニー・ダニエルズ)

R2-D2(ケニー・ベイカー)

ランド・カルリジアン(ビリー・ディー・ウィリアムズ)

チューバッカ(ピーター・メイヒュー)

皇帝(イアン・マクダーミド)

ボバ・フェット(ジェレミー・ブロック)

ウェッジ・アンティリーズ(デニス・ローソン)

ウィケット・W・ウォリック(ワーウィック・デイヴィス)

スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還映画の評価

『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』が公開されたのは、1983年のことです。

しかし、時系列としては、2015年公開の『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の1つ前。

1970~1980年代公開のいわゆる『スター・ウォーズ』旧三部作の最終章ということになります。

同時に、ルーク・スカイウォーカーが主人公である最後の作品でもありますね。

『スター・ウォーズ』は、旧三部作、新三部作、続三部作と、それぞれに面白さがあります。

しかし、本作は最初の旧三部作のラストですので、長年の『スター・ウォーズ』ファンなら、本作を強く意識する方も少なくないことでしょう。

それでは、そんな本作の気になるあらすじをご確認ください。

スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還映画のあらすじ

タトゥイーンに向かった、ルーク・スカイウォーカー(マーク・ハミル)とレイア・オーガナ(キャリー・フィッシャー)。

そこで彼らはジャバ・ザ・ハットを倒し、ハン・ソロ(ハリソン・フォード)を助け出すことに成功します。

ルーク・スカイウォーカーは、ヨーダ(フランク・オズ)から一定の評価を受けるも、ダース・ベイダー(デヴィッド・プラウズ)と戦うことを示唆されます。

そんななか、オビ=ワン・ケノービ(アレック・ギネス)の霊から、彼はとんでもない秘密を聞かされることに。

それは、ダース・ベイダーは、実は、父親であるアナキン・スカイウォーカー(セバスチャン・ショウ)であるということ。

さらに、レイア・オーガナも、ルーク・スカイウォーカーの実の妹だということなのでした。

 

スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還映画に対する期待

 

『スター・ウォーズ』といえば、黒澤明監督に影響を受けたとも言われるアクションでも有名です。

しかし、その一方で、複雑に入り組んだ人間ドラマのほうもとても魅力ですよね。

『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』では、主要登場人物の禁断の関係が明かされるのがおおきなポイント。

まさに、この部分が本作のハイライトだといえるでしょう。

はたして、ルーク・スカイウォーカーは父親だと分かったダース・ベイダーにどう挑むのか、気になります。

彼の戦いと心理描写の双方に、それぞれ注目していきたいものですね。

 

スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還映画のスタッフ

監督:リチャード・マーカンド

製作:ハワード・カザンジャン

製作総指揮:ジョージ・ルーカス

原案:ジョージ・ルーカス

脚本:ジョージ・ルーカス、ローレンス・カスダン

撮影:アラン・ヒューム

音楽:ジョン・ウィリアムズ

スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還に出演されているマーク・ハミルさんについて

『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』で主人公のルーク・スカイウォーカー役を演じたのは、マーク・ハミルさんです。

『スター・ウォーズ』シリーズ以前にも俳優キャリアがあった、マーク・ハミルさん。

しかし、映画出演は『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』が初めてのことであり、これによっていきなり世界的に有名な俳優となったのでした。

『スター・ウォーズ』旧三部作の後はヒット作に恵まれませんでしたが、2015年、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』で『スター・ウォーズ』シリーズに復活。

さらに、2017年には『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』にも出演しています。

続三部作をご覧の方も、本作での若かりし頃のマーク・ハミルさんに、あらためて注目してみましょう。

スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還映画のまとめ

新三部作や続三部作もいいですが、やっぱり『スター・ウォーズ』といえば、旧三部作は格別ですよね。

その最終章である『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』ともなれば、見逃すことは出来ません。

DVDのレンタルが面倒だという方は、ネットで視聴することもおすすめです。

しかし、その場合は、著作権侵害やウイルス感染の問題がある動画投稿サイトの利用はやめましょう。

代わりに、公式の動画視聴サービスを活用してご覧になってください。