ドクターx 動画 10話2017無料再放送フル見逃し配信auビデオパス

ドクターx 動画 10話2017無料再放送フル見逃し配信auビデオパス

 
ドクターx の第10話をpandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、acfunなどではなく、テレ朝公式で見逃したテレビドラマを見る方法についてかきたいとおもいます

結論から言うとauビデオパスの一カ月間の無料お試しキャンペーンで無料で見れます

ドコモやソフトバンクユーザーは、u-nextの無料お試しキャンペーンで見ることが可能です

 

ドクターX動画が無料視聴・見逃し配信(再放送)できるビデオオンデマンドサービス

 

auビデオパス

 

 

U-NEXT

 

 

ドクターX 10話あらすじ、ネタバレ

 


 

失敗することなく、目の前の命を救い続けてきた大門未知子(米倉涼子)が倒れた!

未知子の師匠である神原晶(岸部一徳)も、同志であるフリーランスの麻酔科医・城之内博美(内田有紀)もその身を案ずるが…。

その矢先、医療界のトップに君臨する「日本医師倶楽部」会長・内神田景信(草刈正雄)が食道がんを患い、「東帝大学病院」で手術を受けることになる。

内神田の病状は深刻で、未知子以外の医者がオペを成功させることは不可能な状態だ。

しかし、内神田は敵視する未知子の執刀を拒否。

医局の面々も失敗を恐れ、二の足を踏むばかりで…。

そこへ、あの未知子も腕を認める“腹腔鏡の魔術師”こと、外科医・加地秀樹(勝村政信)が出現! ある条件と引き換えに、執刀医に名乗りを上げるが…。

そんな中、「東帝大学病院」院長・蛭間重勝(西田敏行)はある思惑から、内神田の息子である新米外科医・西山直之(永山絢斗)を執刀医に指名。だが、未知子は「このオペは私じゃなきゃ無理」と断言する。

そんな中、かつて類を見ない“絶体絶命の危機”が襲い掛かり…!

未曽有の窮地に立たされた、失敗しない外科医・未知子は内神田の命を救うことができるのか…!?

そして、ほかでもない未知子自身の命は助かるのか…!? 大門未知子、“最後のオペ”がついに始まる――。

テレビ朝日公式より引用

 

ドクターX 動画 10話までの感想まとめ当サイトアンケート調査

 


 

30代男性

 

『Dr.X〜外科医大門未知子〜』のシリーズも5作目にもなると大きな利権や金の動く医者の世界での権力争いや、患者を金儲けや出世争いに利用しようとする者と患者を治す為に信念を持って手術する医者、ソレを取り巻く医局と……結構似たような話も多くて大夫ネタ作りが難しくなってきているのかな?なんて感じてしまう。

が、第1シリーズからずっと好きで見ているので感じる事は、ドラマではあるものの医者が何の為にいて、どんな信念を持って患者に向き合うか?

生命の尊さに触れる部分はシリアスに作ろうが、コミカルに作ろうがブレてはいけない部分で、ソレは頑として貫いているから楽しいんだなという事。

第1シリーズから舞台になる病院、医局等に変化はあるものの、シリーズ毎に入れ替わり立ち替わりといった感じで大門未知子の周囲の医局員達も見知った顔で変化するので『あ!このキャラクターは第1シリーズに出ていたが、今回のシリーズにも出るんだ……』とか、そういった楽しみ方もあるドラマですね。

権力争いや金儲けに走る西田敏行さんが演じる蛭間院長も人を恫喝するような一面と、おどけて人に媚を売ったりする一面との二面性が場面場面で非常に上手く使い分けられていて、作品内における悪役であるのに憎み切れないような1970年代のTVアニメに悪役で登場する中間管理職的なイメージがまた良い。

何より全てにおいて陰と陽の描き方がとても上手く、生命を扱うドラマであるにもかかわらず暗く、重くなり過ぎず、かと言って真剣でなければならない部分はキチンとしているという気の遣われようは良いですね。

また、シリーズを重ねる毎に大門未知子も色々な人と出会い、仲間を得たりしながら今回のシリーズではなんとなく後続の医師の育成もさり気なくしているように感じるんですが……また今作が終われば次作と長く続いて欲しい作品です。

 

20代女性

 

1話目で米倉涼子さん演じる大門未知子の決めゼリフである”私、失敗しないので”という言葉が他の方のセリフで遮られたところがとても新鮮でよかったです。

毎話少なくても2回は言っているセリフだと思うので、はっきり言えなかったときの未知子の驚いた顔がとても面白かったです。

でも最後にきっちりと決めゼリフを言うシーンがあり、いつもよりスカッとした気がします。

さらに2話で未知子のように全面に自信を出してはいないけど、心の中では自分はできると思っていた野村周平さん演じる伊東亮治がいざ母親の手術を任され、実際やってみたら何もできなかったシーンでの未知子の神々しさがハンパなかったです。

未知子のすごさは医療関係者ではないのでわからない部分も多いのですが、”手術をしたい”という未知子の言葉の裏に患者さんに対しての想いが含まれていることが手術が終わった後の行動や術後にちょっと涙ぐんで見える目などでなんとなく伝わってくるので毎話、感動してしまいます。

ストーリーとは直接関係ないですが、未知子の服装も毎話とても楽しみです。

いつもお金がないと言っているので服やバック、靴がとてもゴージャスだと病院にこの恰好で来る必要あるかなと思う反面、カッコいいなと見惚れてしまいます。

服装にそぐわない食べ物を買い食いしているシーンも医療現場の緊迫したシーンとのギャップがあってとても面白いです。