ドクターx 最終回 動画パンドラ/2017/無料ドラマ部屋動画

 

 

 

ドクターX動画が無料視聴・見逃し配信(再放送)できるビデオオンデマンドサービス

 

auビデオパス

 

 

U-NEXT

 

 

ドクターX 最終回あらすじ、ネタバレ

 

失敗することなく、目の前の命を救い続けてきた大門未知子(米倉涼子)が倒れた!

未知子の師匠である神原晶(岸部一徳)も、同志であるフリーランスの麻酔科医・城之内博美(内田有紀)もその身を案ずるが…。

その矢先、医療界のトップに君臨する「日本医師倶楽部」会長・内神田景信(草刈正雄)が食道がんを患い、「東帝大学病院」で手術を受けることになる。

内神田の病状は深刻で、未知子以外の医者がオペを成功させることは不可能な状態だ。

しかし、内神田は敵視する未知子の執刀を拒否。

医局の面々も失敗を恐れ、二の足を踏むばかりで…。

そこへ、あの未知子も腕を認める“腹腔鏡の魔術師”こと、外科医・加地秀樹(勝村政信)が出現! ある条件と引き換えに、執刀医に名乗りを上げるが…。

そんな中、「東帝大学病院」院長・蛭間重勝(西田敏行)はある思惑から、内神田の息子である新米外科医・西山直之(永山絢斗)を執刀医に指名。だが、未知子は「このオペは私じゃなきゃ無理」と断言する。

そんな中、かつて類を見ない“絶体絶命の危機”が襲い掛かり…!

未曽有の窮地に立たされた、失敗しない外科医・未知子は内神田の命を救うことができるのか…!?

そして、ほかでもない未知子自身の命は助かるのか…!? 大門未知子、“最後のオペ”がついに始まる――。

テレビ朝日公式より引用

 

ドクターX 動画 最終回までの感想まとめ当サイトアンケート調査

 

30代女性

 

米倉涼子さんは偶然初期の頃から目にして以来ずっとTVドラマで見ていたこともありましたが、ドクターXシリーズは随分回を重ねていたにもかかわらず、これまで全然見ていませんでした。

理由は、大げさなコメディやマスゲームのような病院フロアでの行進、御意のシーンなど無意味で変に思ったからです。 

ドクターX2017は、大地真央の院長をめぐるストーリーがあまりにも面白かったため、いつもこんなに面白いのだろうかとつい続けて視聴してしまいました。

米倉さんのプロポーションの良さは、芸能人の中でも抜きんでているようです。

特に体を横~斜め前から見た時の姿勢が、素晴らしいです。 

また、外科医とオペがメインストーリーのため、毎回血なまぐさいシーンが出てきます。

ある時は最先端医療として、麻酔を切り意識のある患者の頭蓋骨を切開した先から脳の腫瘍を切り出しつつ、患者の脳に支障が出ないように患者に手先を動かさせ様子を見ながらオペを進行するという凄いシーンもありました。 

このドラマを見ている人が患者となった時、ある程度知識が豊富なため、医師から説明を受けても驚いてパニックになったり拒否したりしないのではと思います。

そしてそばで一緒に見ていた母(医療系の番組が大嫌い)が、こんな医者(大門未知子)がいたらいいね、とこぼした時、私もまったくその通りだと思いました。

 

30代女性

 

ドクターX第5シーズン、これまでと変わらぬ面白さで毎週楽しませてもらいました。

随所に盛り込まれる時事ネタのパロディや、毎度おなじみとなったメロンおじさんと院長のやり取りなどクスリと笑える部分が多いですし、ドラマの核となる医療パートは「失敗しない医者」の大門未知子がしっかりと決めてくれるので気楽に観られるのが良いですね。

海老名を始めとした副部長陣のグダグダさも、最後は未知子が何とかしてくれるという安心感があるので笑って眺めていられます。

今回の第5シーズンで気になっているのは新しく東帝大病院に入ってきた「ゆとり医師」達、その中でも永山絢斗さんが演じている「西山直之」の存在ですね。

シーズン序盤は「ゆとりすげえな」なんて感想が出てくるほどのゆとりっぷりを披露してくれた新人達ですが、その中で西山だけは外科医としての成長を目指し続け、今や大門未知子の弟子(手下?)その1みたいなキャラクターにまでなっています。

孤高の一匹狼みたいな未知子が意外なほど世話を焼いてくれている西山、実は今シーズンのラスボス的存在である内神田会長の婚外子だったなんて設定も背負っていますが、それだけで終わらずに最後の最後で更なる大役が回ってくるかもしれません。

どうも未知子が倒れるみたいみたいなんですよね。

そんな彼女を救うのか、それとも動けない彼女に代わって誰かの手術を任されるのか……

そんな役回りが彼に用意されているのではないでしょうか。

今シーズンも残り2話となりましたが、まだまだ楽しませてくれそうです。