ブラックリベンジ 動画 10話 hulu無料見逃し配信視聴ネタバレ

ブラックリベンジ 動画 第10話 無料見逃し配信hulu視聴ネタバレ

(ブラックリベンジ動画12月8日までフル視聴感想まとめ)

 

夫を自殺に追いやった黒幕である佐藤二朗さんが自殺して、これで木村多江さんはリベンジを終えることが出来るかと思っていたら、妹が殺害されている姿を発見し、そのことから、カウンセラーの鈴木砂羽さんが関係しているのではないかと、中学時代の記憶を呼び戻す作業をするのだと思います。

 

 

中学時代に、学校の屋上から飛び降り自殺をした女子中学生は、木村多江さんに好意を抱いていて、それを妬ましく思っていた鈴木砂羽さんは、それ以来、ずっと木村多江さんのことを監視しながら、生きてきていたのだと思います。

ブラックリベンジ 動画 10話無料見逃し配信可能なVODサービス

 

Hulu

Huluですが、月額933円で見放題のため、
安心して、追加金額なしで楽しめます。

通常は、最新話などは、料金が発生するのが普通ですが、huluにはその心配はありません

 

Huluですが、引退される安室奈美恵さんの特集を打ち出していて

ユーザーの私も愛用しています

 

 

 

Hulu公式サイトは下記です

 

↓ ↓

 

 

auビデオパス

 

 

・auビデオパスは、実はドコモでも楽しめます

・月額料金がワンコインで一カ月間の無料お試しキャンペーンしているうえに最新話も無料で

 テレ朝などは、放送後すぐに動画配信があります

 

・テレ朝の唯一の公式パートナーでテレ朝にめっぽう強いです

 

・映画館に行く方は割引があり、ポップコーンなど飲食割引で月額料金は実質無料です

 

・映画の先行配信がdvdレンタルより早いケースが多く、他の人より映画解禁が早い

 

・ダウンロード(dl)再生で高画質streamin再生ができて、通信(パケット代金)が0円が可能

 

・スマホやタブレット、PC(パソコン)やtv(テレビ)で簡単に見れます

 

・戦隊ものやauビデオパスがどくせんしてしまうケースが多く、auユーザーでKDDIを使っていてお得だと思うことが多いなどなどあります

 

auビデオパス公式は、下記です

 

 

ビデオマーケット

ビデオマーケットは国内最大のサービスで『ビデオマーケット』に入会していると作品探しに悩まされる心配はありません

 

私が一押しは金曜ロードショー(金曜ロードSHOW)で好評配信されたKinKi Kidsさんのボクらの勇気 未満都市2017などビデオマーケットだけでしか

ないコンテンツがあり、さらに月額ワンコインで最新話も無料といたれりつくせりのサービスです

高画質でフルhdでstreamin再生やシチュエーションに応じて標準画質など4段階の切り替え機能があります

パチンコや番組などギャンブル番組や大人向けの番組も充実しています

映画などの最新話は一番安く、ポイントバックキャンペーンもあり、社会的知名度も高いです

ヤマハが運営しているサービスで使っていて安心感があります

 

 

ブラックリベンジの動画10話感想まとめ

まさに、積年の恨みを果たすという感じの鈴木砂羽さんに対して、とてつもない恐怖を感じる木村多江さんですが、自分がこれまで夫の恨みを晴らすためにやってきたと思っていたリベンジは、必死に生きるためには必要だった行為かもしれませんが、人間として生きるためには恨みの感情だけでは難しいことを悟り、鈴木砂羽さんに対して、中学時代のことに加えて、それを忘れて生きてきていたことを改めて詫びると思います。

 

すぐに許してはもらえないと思いますが、自殺した女子中学生のためにも、自分たちは生きていかなければならないと木村多江さんと鈴木砂羽さんは、それまでのリベンジ生活に終止符を打つのだと思います

 

ブラックリベンジラストのネタバレ

リベンジしているはずがまさかのリベンジの的であったことが前回から引き続き明らかになったラストストーリです。

 

 

学生時代の恋人.玲奈の死からリベンジに燃え上がる朱里と、夫の無罪を勝ち取るべく立ち上がった沙織のリベンジが朱里のカウンセリングで作り上げられ落胆する沙織でした。

 

出る言葉もなく罠に引っ掛かった沙織は哀れでなりませんが、朱里も才能あるカウンセリング話術をこうも沢山の人々を破滅させたかと思うと残念です。

 

すべてのきっかけは玲奈と朱里が密かに愛を育んでいた様子を沙織が目撃し、言い広めたことが発端。

 

息苦しい世の中に見切りをつけるように玲奈は自殺をしますが、沙織にはあまりの罪の意識が感じられないところも気掛かりなところ。そんな沙織に業を煮やす朱里です。

 

最後は朱里自身、ミッションを遂げ、玲奈の元へ旅立ちます。

 

誰が悪い、悪者なの?と決め付けると人間割りきれるのでしょうが、きっちり線引きできないことだってある。

 

それをリベンジという言葉で表現しているのかな、と感じたのと、将来甥っ子が自身の本当の生い立ちを知ったときに、決してリベンジに走らないように育て上げることが、沙織にとっての償いかもしれません。

 

結局残った沙織だけが行き損になった展開。

 

命を奪われた、命を断った人々はあの世で沙織をどう見下しているのでしょうね。