光 映画 動画 無料 フル視聴dvdレンタル前にauビデオパス/fodで!

光 映画 動画 無料フル視聴dvdレンタルauビデオパスやvodのfod

 

について書きたいと思います

 

 

映画『光』ですがauビデオパスの一カ月間の無料お試しキャンペーンで無料視聴できます。

2017年公開の映画で、原作は三浦しをん先生の同名の小説です。

 

R15指定になっていて、性的な表現と暴力が描かれています。

 

原作を読んでいたので、映画になると聞いた時はちょっと驚きました。

 

三浦しをん先生で、光という小説。私が読んだのは、あたたかい希望を感じたかったからでした。ところがこの小説は人間の汚さやずるさなど、狂気を描いた作品なんですよね。

 

ものすごく力を感じる小説だと思いましたが、読んだあとにどっと疲れが出る感じでした。

 

 

光の映画の動画フル無料視聴できるVODサービス

 

auビデオパス

auビデオパスは、一カ月間の無料お試しキャンペーンで映画が無料視聴できます

TSUTAYAさん、ゲオさん店舗でDVDをレンタルすることもあると思いますが、

光の映画のdvdレンタル出来ないときや、貸し出し中の時自宅にいるときに
便利です

メリットですがwebで先行配信していること

デメリットはauユーザーしかみれないということですが、

最近ではドコモのユーザーでも見れる作品となっています

 

 

映画動画が無料視聴できるサービスフジテレビオンデマンド(FOD)

 

フジテレビオンデマンド(FOD)で映画が無料視聴可能になりました

yahooIDアカウント入会す者のみですが毎月888円見放題が0円でさらに漫画原作や電子書籍に使えるポイントが1300円分もらえます

入るだけで1300円は、お得だと思います。

FODプレミアム公式サイトは下記です

 

 

光映画動画公式フルHDyoutube予告

 

 

光 映画の評価、見所

 

強烈なキャラクターを演じる俳優さん達が何よりの見どころだと思います。

 

瑛太さんの存在感、笑いがまた怖かったです。輔という人物を色濃くみせつけたような気がします。

 

井浦新さんはやはりさすがでした。

 

共演を望んでいたという瑛太さんと井浦さんお二人、その役の関係性にも注目です。

 

愛人キャラで人気に火がついた橋本マナミさん、バラエティなどでみせる姿とはまた違う、体をはった濡れ場もあります。

 

光 映画動画のあらすじ

 

『あん』の河●瀬直美監督、永瀬正敏主演によるラブストーリー。美佐子は映画の情景を伝える音声ガイドの仕事をきっかけに、弱視の天才カメラマン・雅哉と出会う。次第に視力を奪われていく彼の内面を見詰めるうちに、美佐子の中の何かが変わり始める。

 

光 映画動画に対する期待

 

光を読んだ時に、この役を演じるなら誰だろうと思った時にぴったりと思う人が難しくて出てきませんでした。

信之を演じるのが新田さんと聞いて、なるほどと納得しました。色々な気持ちを心の奥に潜ませて普通の暮らしを送る男をうまく演じられそうだと思いました。

そして瑛太さんが、輔と言うのも面白そうだと思いました。

この二人が信之と輔になるというそれだけでもう映像を観てみたいと思い、期待できました。

 

光・映画のキャスト

 

永瀬正敏 、 水崎綾女 、 小市慢太郎 、 早織 、 大塚千弘 、 大西信満 、 堀内正美 、 白川和子 、 藤竜也 、 神野三鈴

 

光の映画の動画キャスト橋本マナミさんについて

 

出演者だけでなく話題やネタでもかまいません。

 

三浦しをん先生が、以前この光に対しての話で美花が信之に現実を突きつけるシーンは、信之がいい気味だというような気持ちで書いていたという話をしていました。

 

作者がそう思いながら、のって書いていたと思うと見え方がまたちょっと違って感じました。

 

以前、橋本マナミさんが1冊本を選ぶという時にこの光を選んでいて驚きました。

 

1冊をピックアップといわれて、この本を持ってくるので橋本マナミさんのみる目が変わりました。

南海子の気持ちによりそう所もあります。

 

この映画の話があって小説を読んだそうですね。南海子役を演じるのに、南海子の事を理解しようとしていたのもあったのでしょうね。

 

 

光、映画の対する期待・感想など

 

 

役者さんがすごかった、もうそれで圧倒された気がします。

 

子役もすごかったと思います。

原作を読んでいたので、こうなる、というのは分かっているのに
それでもうわぁと引き込まれて目が離せなかったです。

 

音楽もまた特徴的で、この話でテクノというのには意外性もありますね。

 

時に焦らされるような、ハラハラした気持ちをかきたてられるような時もありました。

 

ものすごく好き嫌いが別れそうな作品ではあると思いました。

 

光 映画のまとめ

 

 

原作者の三浦しをん先生が、大森立嗣は天才だと思ったとコメントしていたのも期待が高まりました。

 

観に行ってみて迫力も感じられて良かったです。全力で役にぶつけている気がしました。

 

登場人物には誰にも共感できない、と言いたいような映画ですが
人間誰でもが持っているであろう本能や、闇でもあるのだろうとも思いました。

 

自分も、どこかで間違ったらそうなるのかもしれないとゾッとしました。

 

光映画動画Youtube、pandora、デイリーモーションで見ると

 

確かに無料映画サイトは、あること事実ですが、公式に配信して、そのサービスが一カ月間の無料お試しキャンペーンなどで

無料視聴できるのですから、探すより公式に安全に見ることをお勧めします。

 

スマホ(スマートフォン)、タブレットでstreaminで高画質再生で故障がない

 

ウイルスに感染するといった心配がありませんので精神的にも楽になりますし

 

サポートって大事だと思うのですが、上記で個人が勝手にインターネットにアップしたものは

そういった保証がないです。

 

そういういうことで、今日は

光 映画 動画 無料 フル視聴dvdレンタルauビデオパスやvodのfod

 

ということで記事をお伝えしました。